ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

eBay輸出においての商品購入後、商品落札された後のやりとり


今回はお問い合わせでもありました

eBay輸出においての商品購入後、商品落札された後のやりとり

について共有いたします。

 

日本のヤフオクなどをご経験されている方が特に驚かれることなのですが、

(※日本のヤフオクは毎回購入、出品した後にやりとりが発生するので)

ebay輸出、amazon輸出ともに商品購入後や商品が落札されたあとに出品者、落札者とのやりとりは基本的に

必要はありません。

 

実行することは、

 

商品を購入した場合は

相手にフィードバックをつけてあげること

 

商品が落札された場合は

商品発送通知、相手にフィードバックをつけてあげること

 

基本的に上記のみです。

selling manegerなどを設定すると、商品が落札されたとき、発送通知、などに自動的に相手にサンキューメールなどもお送りすることもできます。

 

ストアアカウントにすると、お気に入りに登録しているお客さんに新規商品の通知、商品価格の値下げなどなど様々なプロモーションもすることができますが、

最初はシンプルに考えていただき、

上記でご紹介したフローのみを実行すると思っていただいて大丈夫です。

 

よく海外物販は英語のやりとりが発生すると勘違いされている方がいらっしゃいますが、

この辺はやはり世界中の人が利用するというプラットフォームで設計されているので

どんな言語を使っている人でも使える仕様になっています。

 

商品が落札された後の処理については過去に記述しているものもありますのでご参照ください。

 

 

商品を購入する場合の記述については下記

 

です。

 

上記の補足事項として

ご質問がある内容として

 

商品を購入後、フィードバックをつけてもらいたいのですがどうしたらよいですか

というご質問があります。

 

単純にフィードバックをつけてもらうために商品を購入するという目的がありましたら

なるべく評価の高いセラーから購入しましょう。

評価の高いセラーから購入したらだいたいのセラーは評価をつけてくれます。

 

ただし、勘違いしないでほしい点としては

フィードバックには

購入者のフィードバックと販売者のフィードバックの2点にわかれています。

 

販売者用でリミットアップに参考にされる点は購入者用のフィードバックではなく、

販売者用のフィードバックとなります。

 

また、購入者のリミットアップで数として評価が上がるのは

同一タイトル1点、同販売者から1点のみとなります。

つまり、同じセラーから複数購入などしてもフィードバックの数は上がらないので気をつけてください。

 

販売者用でのフィードバックの数の上げ方についての具体的な内容は公開できませんが、

最初のほうは工夫が必要です。

 

  • 例えば、商品を安くしてくださいなどとメールがきたときは、安くしてあげるので良いフィードバックをください。
  • 購入後、メールなどで発送しました、お時間があるときで良いのでフィードバックをください。
  • 商品にお手紙を入れるなどと工夫してみて、効果検証をしていくのが有効的です。

 

ぼくは上記のやりとりを行い、購入者の約3~4割ぐらいはちゃんと評価をつけてくれて、良いフィードバックをもらえています。

 

amazon輸出の場合も上記が有効的です。

amazon輸出の場合はebay輸出と比べるとシステムの関係上どうしてもフィードバックをくれる割合は下がってしまいますが

10人に1人ぐらいは良いフィードバックをつけてくれます。

 

このように販売者のフィードバックを上げる方法は

他にもポイントがありますが、

輸出の場合はシステムがデジタルな分、アナログの処理を丁寧に行って効果検証していくことをおすすめします☆彡

 

輸出場合は慣れてくると入出金管理と発送管理などが主な作業となってきますが、

海外のお客さんに日本の良い商品を届けて喜んでもらえるようにする

という意識で取り組めば、ただ輸出で稼いで終わり以外に楽しみが増え続ける動機にもなるかとおもいます。

 

海外のお客さんは日本のことがすごい好きで興味をもってくれる人がかなりいるので

こういったお客さんは定期的な取引にもつながります。

 

 

 

関連記事

最近の投稿