ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出、amazon輸出での送料設定での考え方について


今回は

ebay輸出、amazon輸出での送料設定での考え方について

の解説となります。

 

このebay輸出、amazon輸出を行う上で商品の価格設定の付け方も重要になってくるのですが、

送料設定も非常に重要になってきます。

(※コンサル生の方には自動計算ツールや自動発送ツールを配布していますので、そちらのツールを参考に送料を覚えていけばよいです)

 

それでは、まず

ebay輸出、amazon輸出などもそうなのですが、海外に商品を発送するときの

共通する考え方をご説明します。

 

利益=(出品金額+出品時の送料)*手数料 – (仕入れ金額+海外への発送料)となります。

図にすれば下記となります。

 

説明

 

非常にシンプルで考え方としては

基本は仕入れより、売値のほうが高ければ利益はでるという計算で大丈夫なのですが、

送料の付け方が重要になってきます。

また、ebay輸出、amazon輸出によってもこの考え方は変わってきます。

 

そして、送料の付け方は

  • 送料無料で出品
  • 送料をつけて出品

 

上記2点の考え方があります。

 

前者はebay輸出をする際には送料無料というのは新規セラーにとっても得策の方法の1つでもあります。

それはなぜかというと送料無料の順番に並び替えるがebayにはあるからです。

 

ただし、送料無料にするデメリットもあります。

それは商品を複数注文した方などの発送料や落札手数料に関していえば、商品代金に送料を含めるよりも

送料と分けたほうが安いからです。

 

なのでebay輸出に限っては慣れるまでは送料無料で出品するというのはひとつの有効的な手段となりますが、

 

amazon輸出に限っては送料無料にして出品することはおすすめできません。

それはebayと違ってamazonの場合は送料無料にしても表示の順番自体はかわりはないので購入率に関しては変更ありません。

 

むしろ、amazonの場合は送料無料にしてしまうといろんな面で弊害がでてきます。

外注に依頼するときにでも送料無料にしていたら送料の計算は不明になる

手数料に関しても商品代金に含めていると高くなる

です。

 

送料は日本郵便の送料設定にあわせておけば、

送料無料にするよりもお客さんにとってはメリットが多いです。

 

例えば、商品を複数購入するまとめ買いのときは、商品代金に送料を入れていれば

個数分の送料が計算されてしまいますが、送料をしっかり設定しておくと

複数購入のときは送料が減額されて、まとめ買いしてくれる人も多くなります。

 

例えば、ぼくはamazon輸出でもかなりまとめ買いしてくれる人が多いです。

それはこの設定をきっちり設定しているからです。

 

スクリーンショット 2014-07-10 20.08.28

上記のように一度に7個など複数購入してくれる人はほぼ毎日いらっしゃいます。

 

このように、ebay輸出、amazon輸出は基本的な考え方は一緒なのですが、

送料設定に関していえばどちらも少し違った設定となってきます。

 

また、コンサル生の方も送料設定ツールだけに頼らずに、日本郵便のサイトでもきっちり確認することもおすすめいたします(^o^)

 

関連記事

最近の投稿