ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出においての新規セラーの制限についての説明


今回は

ebay輸出においての新規セラーの制限についての説明

の説明をいたします☆彡

 

ebay輸出は新規セラーの制限はアカウントによって

異なってきますので誰しもが制限があるとは限らないのですが以下の

制限がかかる場合があります。

 

  • 同一カテゴリーでの出品数の制限
  • 送料制限(4ドル以上の設定)
  • 本人確認書類の提出

 

上記3点が主に制限がかかりやすいものとなってきます。

 

ちなみに、ぼくは最初から上記の制限はかかったことがないのですが、

コンサル生などで新規から初められた方でたまに制限がかかる人、お問い合わせなどでいただいた内容がありますので共有いたします。

 

同一カテゴリー制限について

 

ebayのカテゴリー一覧は下記となりますが

こちら

上記のカテゴリー一覧で

 

大カテゴリ>中カテゴリ>小カテゴリ

という内容でカテゴリが細分化されていきますが、

ここでの同一カテゴリーの定義は

大カテゴリ≠ 大カテゴリ>中カテゴリ>小カテゴリ

です。

 

つまり、CDなどで出品していてもCDの細かいジャンルの最後の箇所で同一のカテゴリーで

出品すると制限がかかるという内容です。

 

制限は例えば、上記のカテゴリー内での商品の個数が4つや5つまでと制限がかかっている内容です。

ジャンルを変更すればもちろん出品は可能となります。

 

送料制限(4ドル以上の設定)

 

商品を出品すると送料を4ドル以上に設定していると出品できないという制限です。

では、この場合はどうしたらよいか?

 

というとですが、ebay輸出の場合は送料無料にするのは新規セラーにとっては

有効的な手段となりますので商品代金に送料を付け加えて、送料は無料で出品しましょう(^o^)

※ただし、amazon輸出の場合は送料無料は意味がないのでやめておきましょう

 

本人確認書類の提出

ebayからメールにて、本人確認(免許証などのコピー)、公共料金のコピー、仕入先の領収書

などの要求が人によってあります。

 

もちろん、これはebayがランダムに新規セラーのみ対象に行っている内容です。

一度FAXで送って、本人確認ができれば以降の要求はありません。

 

仕入れ先の領収書ですが、実際にamazonから購入した領収書、お店からでも良いのでそのレシートでよいです。

ebayからするとFAXを送っていただいて、本人確認があくまでも目的です。

 

このようにebay輸出では上記のみたまに制限がかかっていますが、

この制限さえ乗り越えれば、あとはリサーチ、出品を極めれば

継続的に稼ぐことができるの頑張っていきましょう(^o^)

 

 

関連記事

最近の投稿