ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

amazon輸出においてのユーザー権限設定について


コンサル生などでかなり軌道にのってきた方がいらっしゃるので

輸出で軌道にのってくると次は人に任せるということをおすすめいたします。

 

今回は、人の任せ方についての説明はできませんが、

人に任せるためのamazon輸出でのユーザー権限設定について

解説をいたします。

 

まずは、

amazonセラーセントラルにログインをしてください。

SettingsのUser Permissionsをクリックして開いてください。

スクリーンショット 2014-08-12 17.15.12

 

そうすると、下記の画面が表示されます。

スクリーンショット 2014-08-12 17.17.29

 

 

Enter e-mail address of new user(s)の箇所にお任せしたい人のメールアドレスを入力してください☆彡

 

スクリーンショット 2014-08-12 17.20.08

Continueをクリックして、送信します。

そうすると、招待した人のメールアドレスに下記のようなメールがきます。

スクリーンショット 2014-08-12 17.24.39

 

→をクリックしてもらい、

スクリーンショット 2014-08-12 17.27.17

 

外注さんのメールアドレスを入力してもらい、

amazonアカウントがない場合は、Noのところにチェックし、Sing Inして、アカウントを作成して、

改めて、下記のようにパスワードを入力し、ログインしてもらってください。

スクリーンショット 2014-08-12 17.35.19

 

そうすると、下記のように認証コードが表示されます。

スクリーンショット 2014-08-12 17.36.00

 

この確認コードを外注さんにメールなどで教えてもらってください。

そして、ご自身のセラーセントラルの最初のSettingsのほうからさきほどの画面に戻り、

スクリーンショット 2014-08-12 17.42.01

 

Confilmをクリックして、承認をしてあげてください。

スクリーンショット 2014-08-12 17.43.59

 

 

そうすると、下記の画面のようにずらっと表記がでてきます。

スクリーンショット 2014-08-12 17.45.30

 

①Noneは権限を与えない

②Viewは観覧するのみ

③View&Editは観覧し、編集する

④Adminは管理還元を与える

となります。

 

今回は、発送または出品の外注を頼むという前提で話をすすめてきます。

下記の画面のみ、③を選択してあげるのみでよいかと思います。

スクリーンショット 2014-08-12 17.49.33

 

スクリーンショット 2014-08-12 17.49.41

 

スクリーンショット 2014-08-12 17.49.52

 

上記以外に関しては①のNoneを選択でよいです。

設定できると

一番したのContinueをクリックしましょう。

 

上記で設定は完了です。

あとは外注さんに仕様を説明して、任せてみましょう(^o^)

 

ebay輸出、amazon輸出ともに稼げる仕組みを構築し、

あとは人に任せるというサイクルを実行していけば、

最終的にはほぼ管理のみで何もしなくてもよい理想の状態となっていきます。

 

頑張っていきましょう(^o^)

 

 

 

 

関連記事

最近の投稿