ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

国際郵便のAirMail、SAl便などに便利な一括プリントアウトサイトのご紹介


本日円安がまた進み1ドル103円を突破しましたね(^o^)

今後は、消費税があがり、円安もどんどん進むので輸出にはぴったりの時代になってきているかと思います。

 

また、コンサル生も順調に売上を伸ばされているので

今回はぼくが外注さんに頼んで制作していただいたプリントアウトサイトのご紹介をいたします☆彡

スクリーンショット 2014-08-20 21.27.10

 

一旦、輸出での発送の整理をいたしますと

輸出での発送は大きく分けて3つあります。

 

  • SAL便
  • 国際eパケット
  • EMS

となります。

 

それぞれの特色を述べますと

 

SAL便はこの中で一番安い発送方法ですが、追跡番号がつかない発送方法となります。

追跡番号がつくとつかないとの違いはなにかは

追跡番号があるともし仮に商品が紛失した際にもebayやamazonに発送した証明になり、

保証が効きます。

 

国際eパケットはSAL便ぐらいの発送の早さで追跡番号がつく発送方法となります。

発送料金はこの中で中間のやすさとなります。

 

EMSはアメリカの場合は3日ぐらいで到着し、さらに追跡番号がつく発送方法となります。

ただし、この中では料金が一番高い発送方法です。

 

そして、国際eパケット、EMSの場合は

国際郵便のマイページから発送に必要な資料をプリントアウトでき、

それをはりつけるだけで発送できるのですが、

 

SAL便の場合は若干不便でメモ帳であったりなどで住所を貼り付けてプリントアウトするかと思います。

(※一部のコンサル生にはすごく便利な発送ツールを配布しているのでそちらを利用していただければと思います。)

 

今回はそのSAl便で不便なものをいま準備しているサイトを利用すると

簡単にSAL便サイズに合わせてプリントアウトしてくれます。

 

このサイトの利用方法と紹介についてはこのブログでもご紹介する予定ですので

お楽しみにしておいてください。

 

メルマガでまずサイトをお伝えして、利用していただいてからブログで一般公開予定です☆彡

 

 

関連記事

最近の投稿