ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出とamazon輸出の取り組み方の違いについて


いよいよ明日から9月に突入し、

輸出では最大イベントのホリデーシーズンに突入していきますね(^o^)

 

そこで、本日は

ebay輸出とamazon輸出の取り組み方の違いについて

説明いたします。

 

最近、お問い合わせでもebay輸出、amazon輸出の違いについて聞かれます。

結論からいうと最終的に稼ぐための考え方は似ているのですが、

アプローチの違いや最初の取り組み方に違いがあります。

 

まず、両方の共通点は下記となります。

①無在庫で販売できる

②在庫ありでも販売できる

 

です、当たり前といえば当たり前です。

ただし、amazon輸出の場合は在庫ありの場合はFBA納品ということができます。

 

こちらのFBA納品は予め、日本で商品を購入し、アメリカなどのamazonの発送倉庫に送るということです。

※ただし、厳密にいえばebay輸出のほうもこのFBA納品した商品でも発送できます。

 

次に違いについては下記となります。

 

ebay輸出はamazon輸出に比べ出品できる商品のレパートリーが豊富になってきます。

 

また、ebay輸出はamazon輸出に比べてユーザーが何を販売しているか?

というユーザー目線でフォーカスした販売形式をとっているので

僕個人的にはebay輸出のほうが好きです☆彡

 

また、ebay輸出にはフォロワーという機能があり、

常連さんなどの獲得するという点でもメリットがあります。

 

次にamazon輸出はというと

商品がいくらで販売されているかが一番最初に着目されます。

その次にユーザーの評価数となります。

 

よって、ここでの整理点は

ebay輸出は   販売者>>>商品の価格

amazon輸出  商品の価格>>販売者

 

という内容になります。

 

次に稼ぐためのポイントに関しても違いがあります。

ebay輸出、amazon輸出ともに着眼点としては最終的に一緒なのですが、

見るポイントが違ってきます。

 

このポイントに関してはブログでは公開できませんが、一緒ではないということです。

売れる商品であったり、金額の相場も変わってきます。

 

どちらかというとamazon輸出のほうがほぼシステムに近い形となるので

システムの把握ができればamazon輸出はグッと売上が上がってきますが、

ここを理解するまでは少し時間がかかります。

 

一方、ebay輸出は新規セラーからでも着実に成果を出せるプラットフォームで

初心者でも取り組みやすいと思います。

 

整理すると、

まったくの初心者という前提で考えると

①ebay輸出(月20万くらい稼ぐ)→②amazon輸出(月20万くらい稼ぐ)→③在庫ありebay輸出&amazon輸出→④独自ショップ

というのが理想的かと思います。

 

ebay輸出を取り組むことで物販の流れが把握できるので

amazon輸出のシステムの把握にもなんとなく理解ができるかと思います。

 

そして、ebay輸出、amazon輸出で無在庫販売である程度稼ぐことができれば

次に在庫ありでFBA販売をしていくのが手っ取り早く結果がでるサイクルです。

 

①→④を実行していけば月100万くらいであれば余裕で稼ぐことができます。

 

①、②は無在庫販売で外注を使うかご自身で発送、③、④はamazonの配送倉庫を使ったビジネスなのですることは

定期的に仕入れて工場に送るだけです。

 

amazon、ebayの商品数は年間20~30%増えているそうです。

そのなかでも日本商品は圧倒的なシェアを誇っていますので毎年のように市場は拡大していますし、

スマホなどからの購入者の増加で購入者も増えているのが現状です。

 

いまからホリデーシーズンに向けて準備していけば間に合うので頑張っていきましょう(^o^)

 

 

関連記事

最近の投稿