ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出において、返金から手数料の返還方法について


9月の3週目から10月の中旬に向けては

海外では入学シーズンなどいろいろな季節の始まりを迎え、海外物販においてもいつもより商品が売れる時期を迎えます。

 

さて、本日は

ebay輸出において、

商品を購入されて、入金され、まだ仕入れて発送してない状態で

お客さんからやっぱりキャンセルして返金して欲しい

というのが極稀にあります。

 

こうしたときにも、きちんとした対応していれば落札手数料もちゃんと返ってきて

フィードバックももらえる方法を紹介したいと思います(^o^)

 

まずは、今回キャンセル商品したい商品を確認します。

 

スクリーンショット 2014-09-14 17.22.29

 

次に、paypalにログインして該当箇所を確認します。

 

スクリーンショット 2014-09-14 17.33.56

 

該当箇所の返金するをクリックします。

 

返金をクリックするをおすと、購入者にメッセージをお送りすることができます。

ここでは、

 

お客さんのご希望通り、返金を行います。

あとからebayに今回の取引のキャンセルもお送りしますので同意してください。

 

と翻訳して返金しましょう。

そうすれば、

スクリーンショット 2014-09-14 18.31.57

 

上記でpaypalで払い戻しが完了します。

 

スクリーンショット 2014-09-14 18.34.46

 

ebayを確認してみると上記が返金の処理の記号となります。

他の入金までの記号と違っているのがわかります。

スクリーンショット 2014-09-14 18.38.35

 

次に上記の→の箇所を選択します。

スクリーンショット 2014-09-14 18.38.56

 

上記の Buyer and disagrees over terms

をクリックして、submitを押して完了です。

 

これで、ebayを通して、購入者にキャンセルの同意がいき、同意されれば落札手数料も返金されます。

 

そして、次に一番丁寧でコツなのは

購入者にメールをします。

 

相手もこちらが要望を聞いてもらったのでこちらも要望をメールします。

 

さきほどpaypalから返金を行い、ebayからのキャンセル手続きを申請しましたので同意してください。

また、今回は特別にキャンセルを受け付けましたので良いフィードバックをつけてください。

また機会がありましたらよろしくお願いします。

 

上記を翻訳してメールしましょう(^o^)

 

そうすれば、だいたいの購入者は良いフィードバックを残してくれます。

 

 

 

新規セラーは最初フィードバックが貯まりずらい環境かと思います。

今回の方法をためしてみれば、リスクなくちゃんと良いフィードバックももらえます。

ぜひ参考にしてみてください(^o^)

 

 

 

こうしたちょっとしたやり方でリミットアップするときも枠をぐんとあげてくれます。

ebayがみているとのはこの人はちゃんとお客さんに販売できる能力があるか、

お客さんにちゃんと商品を届けているか

です。

 

ebayは枠が広がればさらに面白いビジネスなのでぜひ頑張りましょう☆彡

 

関連記事

最近の投稿