ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

商品が売れてからの国際郵便の発送方法と発送伝票の作成方法


1ドル108円も突破しましたね!!(^o^)

109円もすぐのような気がします。追い風に乗ってこのままホリデーシーズンに突入してきましょう。

 

さて、本日は

商品が売れてからの国際郵便の発送方法と発送伝票の作成方法

について解説いたします。

 

よく勘違いする内容から整理いたします。

 

海外発送においての発送の種類は全部で4種類あります。

 

  • 通常郵便
  • 国際小包
  • 国際eパケット
  • 国際EMS

 

上記の国際小包は輸出ではほぼ使わない方法なので無視してください。

 

よって、以下の3種類となります。

 

  • 通常郵便

  • 国際eパケット

  • 国際EMS

 

上記の使いわけについて コンサル生は

こちら(ebay)

こちら(amazon)

からご確認ください。

 

この通常郵便の中に

エコノミー航空便(SAl便)があります。

 

通常郵便の場合はエコノミー航空便(SAl便)で発送します。

この発送方法は、

CN22という税関告知書を記入し、貼り付け

スクリーンショット 2014-09-18 17.32.56

あとは相手先、ご自身の住所はご自身でご用意しプリントアウトする必要があります。

メルマガの方は限定配信しているサイトからプリントアウト

コンサル生は配布しているツールからプリントアウトしてください。

 

このCN22はお近くの郵便局でもらう必要があります。

 

このCN22の書き方のコツについて

コンサル生は

こちら(ebay)

こちら(amazon)

を参考にしてください。

 

ちなみに、輸出で月間10-30万ぐらいの売上がでてきたら

後納の手続きをおすすめします。

 

また、輸出でよいところは

送料もうまく仕組み化すればポイントやマイルが貯まり、

ポイントで無料で商品を購入できたり、マイルで無料で旅行もできます。

 

これは送料だけではなく、

仕入れでも使える考え方です。

 

輸出自体でも稼げて、

さらに仕入れ、送料でも毎月無料で生活できる分ぐらいのポイントがたまったり、

旅行が無料でいけることもできちゃいます(^o^)

 

 

 

関連記事

最近の投稿