ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出、amazon輸出以外にも輸出で稼げるAmazon Pagesの方法のご紹介


今回は

ebay輸出、amazon輸出以外にも輸出で稼げるAmazon Pagesの方法のご紹介

をいたします。

ブログにはあまり公開してない情報だったのですが、

今回はその一部をご紹介いたします。

 

Amazon Pagesとは今はアメリカのみのサービスとなるのですが、

amazonのシステムを利用した独自ショップのサービスとなります。

 

スクリーンショット 2014-09-20 18.53.53

 

AmazonはこのAmazon Pagesについてまだ大々的な宣伝をしていないが、

ブランドはAmazon.comの中に独自のデスティネーション・ページを設定することができます。

そのURLはhttp://www.amazon.com/ブランド名 となります。

大きなロゴや写真、ソーシャル・メディアへのリンクなどダイナミックなページのデザインがテンプレートを利用して誰でき、

AmazonとFacebookに簡単にメッセージを発信できるAmazon Postsサービスも提供されています。

またAmazon Analyticsでは売上や広告の効果などを分析、管理もできます。

 

コンサル生のかたは

こちら

から確認してください。

 

この利用のメリットとしては

独自ショップなども行うときには非常に便利なものとなります。

特に独自ショップをもつときは集客が必要となります。

 

このamazon pagesはamazonの集客力があるので

正しい方法で行っていければ、こちらも無在庫でかなり稼ぐことができます☆彡

 

ちなみに、僕は独自ショップもこのamazon pagesもやっていますが、

amazon pagesもどんどんシステムも更新されていって当初よりも便利になってきています。

 

いまでは1ドル109円にもなり今後、円安もどんどん加速していき、

ぼくの予想ではあと数年で海外に販売するということが当たり前の時代になってくるような気もします。

 

圧倒的に取り組みやすい環境にもなっていますので

いまのうちに頑張っていきましょう(^o^)

 

 

 

 

 

関連記事

最近の投稿