ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出においてアカウント評価を下げずに商品のキャンセル方法、一部返金方法について


1ドル114円にもなったりと、ここ1ヶ月間だけみても

さらに10ドルくらい円安になり、

最高の状態でホリデーシーズンを迎えてきていますね(^o^)

 

 

さて、本日は

最近ebayのシステム変更などがありましたので

ebay輸出においてアカウント評価を下げずに商品のキャンセル方法、一部返金方法について

を共有します。

 

 

 

 

昨日などの休暇のときにでも

コンサル生から商品がかなり売れてきて嬉しいです!

などなどご報告など受けていますが、

商品をかなり販売していくと、たまにこうした購入後にやっぱりキャンセルしたい

や商品を発送し商品が一部破損していないので減額してほしいなど極稀にあります。

 

 

上記の確率を下げるコツなどはブログでは公開できませんが、

実際上記の状態になったときに誤った方法で実行するとアカウントの評価を下げる可能性があるので

今回は下げずに実行する方法の共有となります。

 

 

 

商品購入後にキャンセル依頼された場合

こちらには非は全くないので落札手数料などももちろん返金されます。

 

 

 

間違ってほしくないのはpaypalにアクセスして直接返金することです。

上記の方法で実行してしまうとebayアカウントの状態を悪くしてしまいます。

 

 

それでは、実際の方法です。

バイヤーからキャンセル依頼をもらう

→その後、いまから説明する手順で実行してください。

 

スクリーンショット 2014-11-04 18.37.50

Resolution Centerをクリックします。

スクリーンショット 2014-11-04 18.43.45

Continueをクリックします。

スクリーンショット 2014-11-04 18.48.50

 

上記の箇所に売れた商品がずらっと並んでいるので該当商品をクリックします。

ちなみに、これはバイヤーの住所に依存します。

 

 

今回はアメリカ人の方という前提ですすめているのでebay.comからのアクセスとなります。

ヨーロッパの国の方であれば、それぞれのebay.com以外つまりその国の方のebayからのアクセスとなります。

 

 

 

ebay.comは一番最新の画面ですが、一部まだebayでは上記の画面が反映されてない国などもあります。

その場合は旧システムになるので商品番号を入力していけば該当商品が見つかるという内容になります。

 

※ebayである程度実績がでると

ebayジャパンから限定でサポートを受けれるので

受けれている人はお問い合わせして聞くことをおすすめします。

 

スクリーンショット 2014-11-04 18.48.16

 

上記を選択し、Continueで完了し

あとはバイヤーが同意して問題が閉じれば落札手数料は無事返金されます。

 

 

ここでポイントなのはebayを通さずに

バイヤーとセラーのみで問題を終了させようとし、

paypalで返金処理を行うことは控えるということです。

 

 

こういった問題は極稀ですが、こういったイレギュラー対応も限られているので

商品がかなり売れてきたときも落ち着いて対応できるように準備をしておいてください。

 

 

バイヤーとのやりとりなどのメールについては

コンサル生はこちら

から確認しておいてください。

 

 

 

関連記事

最近の投稿