ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出においてバイヤーからのキャンセル依頼、落札手数料の返金方法について


いよいよ、11月も半ばにさしかかろうとして、

輸出ではホリデーシーズン(1月下旬まで続く)最中ですが、

気持ちのよい時期ですね。

 

 

休暇中にも仕組み化できた人から

輸出の仕入れで溜まったマイルで旅行先からご連絡いただり、

商品が売れてきたご報告であったり、

コンサル受ける前まで売れてなかった人がコンサルを受けられてから

どうやって売れるかがわからなかった人が方法が明確になってきて、

クオリティの高いご質問されたりと単純ですが、嬉しいです☆彡

 

 

さて、本日は少し前にご紹介した

ebay輸出においてアカウント評価を下げずに商品のキャンセル方法、一部返金方法について

の補足事項となります。

 

現在ebayサイトでは、

ebay_supported_countries

| アメリカ

| イギリス

| オーストラリア

| ドイツ

| アルゼンチン

| オーストリア

| ベルギー

| ブラジル

| カナダ

| 中国

| フランス

| 香港

| インド

| アイルランド

| イタリア

| 韓国

| マレーシア

| メキシコ

| オランダ

| ニュージーランド

| フィリピン

| ポーランド

| シンガポール

| スペイン

| スウェーデン

| スイス

| 台湾

| タイ

| トルコ

| ベトナム

 

 

上記までebayは広がっています。

ぼくが開始した時期に比べると最近は

本当にいろんな国の人からの注文が多いなという印象です。

 

 

 

そして、通常あまりないのですが

購入後にやっぱりキャンセルしたいというときの対処方法ですが、

冒頭に説明した処理

Resolution Center

から実行していけば落札手数料が返金されます。

 

 

上記ですが、購入した人の国で上記の手順が必要になってきます。

 

 

 

 

ほぼ最初はebay.com

アメリカサイト(アメリカサイトですが世界各国から注文があります)

で開始していくのですが、

 

 

こちらで例えばフランス人が購入して

上記の手順になった場合は

フランスebayにアクセスして、

ログイン後にResolution Centerへアクセスして

実行していく流れになります。

 

 

 

つまり、ebay.comで購入した人がフランス人であれば

ebay.comのResolution Centerでの報告ではできないのが現状です。

 

 

画面構成などほほぼ同じなので流れは冒頭の説明して手順で行えば

問題はありません。

 

 

 

また、売上があがるとebayジャパンから

限定セラー向けに日本語サポートの招待が届きます。

こちらのサポートを受けられている方は

一度電話をおすすめいたします。

 

 

 

 

バイヤーとのやりとりなどのメールについては

コンサル生は

こちら

から確認しておいてください。

関連記事

最近の投稿