ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

ebay輸出において落札手数料の返金の確認方法について


11月も終わりに近づいてきましたね☆彡

 

 

毎月、月末月初は

コンサル生からの成果のご報告が多く、

売上が飛躍的に伸びてきている方

継続的に輸出で売上を出されて銀行から融資を

受けられた方

FBA販売、独自ショップのほうでも成果の実績などなど

さまざまな嬉しいご報告を受けてぼくも指導していて

楽しいなと思います。

 

 

また、いまいち伸び悩んでいる方は

実践の回数、なぜ伸び悩んでいるか

ひとつひとつアプローチ方法を確認していきましょう。

 

 

 

物販とくに輸出は世界が市場なので

国内販売、輸入に比べると難易度は圧倒的に低いですし、

正しいアプローチをマスターしていくと必ず商品は売れて

稼ぐことができるので頑張っていきましょう(^o^)

 

 

 

また、輸出が楽しいのは

難易度が低く、リスクも少なく稼げるというのも

特徴ですが、販売する商品が日本商品で

ぼくたちがよく知っている商品を販売することになります。

 

 

 

ただ、日本のブランドはすごいのは僕たちが知らない

マイナーな商品でも海外の人のほうがよく知っていたりもしますが、

日本の商品なので少し調べれば商品のこともわかってきます。

 

 

ebay輸出、amazon輸出で稼いでいる人は

継続的に商品を販売していくと

こういった商品が海外には需要があるのかってことも

わかってきて、楽しいですし、

そもそも海外の人で日本商品を購入する人は

かなり日本の文化のことが好きな人が多い傾向にあります。

 

 

こうした方が常連のお客さんになっていくると

天井知らずに商品を販売することもできてきます。

 

 

 

ぼくは毎月ebayやamazonで購入した人から

ちらほらお手紙をもらったりしています。

お手紙の多くの内容は友達になってください。

などがかなり多いです。

 

 

 

ちなみにぼくは英語はできないので

英語などの翻訳に関しては前回からもご紹介している

gengo

にまかせています。

 

ebay輸出、amazon輸出の初期の段階から

上記は必要がないので独自ショップなどを検討されている

方は参考にしてみてください。

 

 

新規の方は

ebay輸出、amazon輸出ともに

ヤフオクなどと違い、商品が売れてからは

発送通知とフィードバックを残すだけで

バイヤーとの連絡は基本的に行う必要がないので

英語もweb翻訳ぐらいで十分に対応ができます。

 

 

さて、ホリデーシーズンということも

ありコンサル生から一日ebayで10個平均で売れてきています

などなどかなり個数を売っている方のご連絡もあり、

 

 

ebay輸出で商品を販売していくと

たまに商品が売れたあとに入金をしてくれないバイヤー

(とくにオークション出品が多いです)

固定価格やストアなどは即決なのですぐ入金してくれますが、

オークション出品だと落札してから入金するのを忘れる方などが

いらっしゃいます。

 

 

 

ただ、上記で入金してくれないバイヤーも

以前紹介した

ebay輸出においての売れた商品で入金がない場合の落札手数料の返金方法

を参照していただければ、落札手数料は返金されるので

安心です。

 

 

 

今回は上記を行ったあとに

落札手数料がちゃんと返金されたかの確認方法となります。

ちなみに上記が完了していれば2日以内にebayからは落札手数料は返金されます

 

 

それでは方法となります。

スクリーンショット 2014-11-28 12.04.45

 

まずは、売れた商品のURLにアクセスします。

その後、商品画像と説明の間の右下に

ebay item numberが表示されています。

そちらの番号をコピーします。

 

その後、

スクリーンショット 2014-11-28 12.05.18

 

Seller Accountをクリックします。

スクリーンショット 2014-11-28 12.06.10

All acount activityをクリックします。

 

スクリーンショット 2014-11-28 18.58.14

 

Item numberの箇所に商品番号をペーストします。

そして、検索

そうすると、

スクリーンショット 2014-11-28 18.58.25

 

上記のFinal Value fee の箇所に

落札手数料が2つ表示されます。

ひとつは落札されたとき

もうひとつは返金されたとき

返金された場合はマイナス表示されています。

 

こちらが確認できれば落札手数料は返金されています。

 

関連記事

最近の投稿