ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

amazon輸出のおいての送料設定の概念について その1


コンサル生の方で

先月からebay輸出で結果を大きくだして、

amazon輸出にも進まれている方が多く、

ebay輸出で稼ぎながらamazon輸出でも

結果をかなり出してくると相乗効果でかなり

楽しくなってきます☆彡

 

 

 

この前の週末にも

ebay輸出を並行しながら

amazon輸出にも取り組まれている方で

先月からamazon輸出にも参入して

今月の半ばほどで月商100万突破された方のご報告を

いただいたりしていました。

 

ebay輸出は新規の方でも

かなり取り組みやすく

しっかりしたアプローチで実践をすれば

ほぼ確実に稼ぐことができるのですが、

amazon輸出の場合は

csv、ツールなどデータを取り扱う作業があるので

いきなり新規の方が実践するには

慣れるまで時間がかかりますが、

一度稼ぎ方を覚えてしまうと

雪だるま形式でどんどん売上を上げていけます。

 

 

 

ここまでくると

毎日ebay、amazonが勝手に商品を販売して

入金チェック、発送という

流れで作業フローも明確になってきて、

面白いくなっていき、

さらにFBA、外注などして、

余った暇な時間に

独自ショップ、という流れが理想です。

 

 

今回は

amazon輸出において

最初に重要な概念の送料設定について解説いたします。

 

amazon輸出では

もちろんcsv出品、ツール、ツールを使った分析方法など

効率よく行うことも重要なのですが、

送料設定がかなり重要です。

 

ここを軽視するとamazon輸出では

結果を出しづらくなります。

 

今回はその最初の概念についての解説です。

 

まずは、セラーセントラルのTOPから

Settingにカーソルをあわせます。

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-01-19 16.03.30

Shipping Settings

をクリックします。

 

amazonの送料設定は

①Books, Music, Video, DVD以外の送料設定

②Books, Music, Video, DVDの送料設定

2つに分類されます☆彡

 

まずは

②Books, Music, Video, DVDの送料設定

の方法から設定方法となります。

スクリーンショット 2015-01-19 16.08.21

 

右側のEditをクリックします。

スクリーンショット 2015-01-19 16.08.53

 

StandardはSAL便もしくは国際eパケット

ExpeditedはEMSでの発送方法となります。

このBooks, Music, Video, DVD

のジャンルでは送料設定はこのどの発送方法で発送するか

でしか設定はできません。

よって、送料では差別化はできないジャンルとなります。

 

 

 

続いて、

①Books, Music, Video, DVD以外の送料設定

スクリーンショット 2015-01-19 16.08.05

 

ちなみに、change shipping modelをクリックすると

スクリーンショット 2015-01-19 16.17.32

 

上記が最初の設定となっています。

上のPrice Bandedは特殊な送料設定なので変更する必要はありません。

 

続いて、Editをクリックします。

スクリーンショット 2015-01-19 16.20.04

 

Standard と Expedited

基本的にはこちらをチェックしていく形となります。

StandardはSAL便、国際eパケットでの発送方法

ExpeditedはEMSでの発送方法

 

 

 

amazon輸出で最初にトライする方は

Standardのみのチェックをおすすめします。

 

 

 

ぼくのコンサル生であればebay輸出でまず結果を出してから

amazon輸出に進まれているので

海外発送は理解している前提なので両方チェックしても大丈夫です。

ebay輸出である程度落ち着いてからExpeditedでもよいかと思います。

 

 

 

ただし、上記の画面でもチェックしてない箇所として、

APO/FPO Street

APO/FPO PO Box

があります。

これは軍基地になります。

 

 

 

ぼくも最初amazon輸出をやっていたころは

チェックしていて、注文があったのですが、

この上記の箇所はEMSでの発送でしか発送できないので

最初から発送しないをおすすめいたします。

 

スクリーンショット 2015-01-19 16.26.14

 

続いて、送料設定となります。

ここが一番重要になってきます。

 

 

 

ebay輸出の場合は各商品で自分で送料を決めれたりできますが、

amazon輸出の場合は一括で送料を設定できます

(※別途csvで各商品ごとに送料設定できる方法もあります)

 

 

 

 

新規でアカウントを作成された場合に

デフォルト設定で行っていれば

送料で赤字になってしまうので

ここは必ず送料設定をしておきましょう。

 

 

 

 

amazon輸出の送料設定は稼ぐための

キモになってくるのでブログでは公開できませんが、

概念を説明しておきます。

 

 

 

基本的には

per Weightを選択しておきましょう。

ここは450g当たりの送料設定となります。

そして、per Shipment

こちらは1配送当たりの送料設定です。

 

 

 

amazon輸出の場合、商品が売れた場合は

per Weight+per Shipmentの合計値で送料が算出されます。

 

 

 

 

また、よくお問い合わせなどで

amazon輸出で送料無料で出品していますが

なかなかうまくいきません。

 

 

 

などのご質問を受けるのですが、

ebay輸出は送料無料にするメリットはあるのですが、

amazon輸出の場合は

商品代金+送料の合計で表示されるので送料無料にするメリットはありません。

むしろ、送料無料にすると赤字になったり、複数購入がされずらくなります。

 

 

 

amazon輸出の場合は送料をむしろ高く設定しておくほうが、

複数購入されやすくなります。

例えば、

スクリーンショット 2015-01-18 19.40.55

 

上記のように

送料をうまく設定しておくと、

amazon輸出では一度にたくさん商品を注文してくれます。

 

 

 

ebay輸出もそうですが、

amazon輸出も世界のストアなどで

コツさえ掴めば、大量に商品が売れます☆彡

 

 

 

コンサル生は

こちら

から送料設定の方は必ず確認しておいてください。

 

 

関連記事

最近の投稿