ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

amazon輸出においてのcsv出品の概要について


前回までは

ebay輸出,amazon輸出の売り上げの管理の仕方について

ご紹介していきました☆彡

 

 

毎月、月初には

ぼくも先月の売上げデータなどを

算出していくのですが、

ぼくが開始したころに比べて

年々ですが、

全体の取引量が圧倒的に拡大しているとデータからも

実感いたしました。

2012年→2013年

2013年→2014年

2014年→2015年

・・・

とそれぞれ年度ごとのデータとくらべてみても

月間の売上としても昨年度比較でも1.8倍ぐらい上がっていました。

 

 

 

 

考えられる要因としては

・日本商品が毎月ものすごい量の商品を販売されていること

(商品の増大)

・世界の人がよりネットを利用してモノを購入する人が増えた

(市場の拡大)

 

 

 

上記と考えられます。

とくに毎年思うのは日本商品のクオリティは本当にすごいなという実感です。

そして、海外の人は僕たち以上に日本商品に詳しい人が多いということです。

 

 

 

 

なかには全くぼくが知らない商品をメールで連絡してきて、

仕入れることができますか?

などとお問い合わせなどももらったりもします。

 

 

 

その次に良い点としては

昨年度比較で約20円もの円安になっていることです☆彡

 

 

 

これはドルだけでなく、ユーロ、ポンドなど主要通貨すべてにいえることです。

 

 

 

例えば、月商100万の人は

20円違うだけで、単純計算で約20万円の利益の差額がある

ということです。

 

 

月商1000万であれば約200万円の差も生まれる。

 

 

そして、消費税の還付で約10%も利益としてなると計算できると

昨年度比較で利益差額を計算してみると驚異的な利益率になっていると

実感できました。

 

 

 

今後はますます世界の人はネットで購入する人も増えますし、

輸出する僕たちにとってはますます有利な環境になっていきそうですね。

 

 

 

さて、

ebay輸出で実績を固め、

amazon輸出でも成果を出されている方も非常に多くなってきているので

今回はamazon輸出のcsv出品の概要について

触れようと思います。

 

 

コンサル生などは復習がてらに見ていただければと思います。

 

 

 

そもそもamazon輸出での出品は

最初にいきなりツールを使って大量出品はおすすめできません。

 

 

 

大量出品すると確かに売れることは売れますが、

売れた後の管理、送料の概念、リサーチの概念など

順序よく進めていかなければ

せっかくの世界で販売でき、ものすごく売上をあげれる

amazon輸出も台無しになってしまいます。

 

 

 

お問い合わせなどでも

ツールを使って、出品したのですが

赤字などで管理も難しいです

などとお問い合わせをいただくのですが、

 

 

 

amazon輸出はツールを使わなくても

リサーチの着眼点と送料の概念と出品方法だけでも

かなり稼ぐことができます。

 

 

 

もちろん上記の概念と

ぼくのamazon輸出のコンサルでは

非公開のツールなどを使っていただいているのですが、

こうした有効的なツールと概念がセットでなければ

継続的に稼ぐことは難しいです。

 

 

 

一見難しいように感じるかもしれませんが、

amazon輸出は着眼点が最大のポイントで

ここさえつかめれば面白いように売れて

稼ぐことができます☆彡

(※新規の方はebay輸出からのほうが

より確実なのでebay輸出からの開始をおすすめします)

 

 

 

それでは、本日は

amazon輸出においてのcsv出品の概要となります。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-09 14.33.48

 

TOPのINVENTORYから

Add Products via Upload

をクリックします。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-09 14.34.12

 

その後、

Download inventory file templates

の箇所のDownload temlateをクリックします。

 

 

 

スクリーンショット 2015-02-09 14.34.55

 

 

①Product creation and matching

の箇所について

こちらはamazon上にない商品を出品するときに使う項目となります。

 

②Product matching only

の箇所について

こちらはamazonにある商品を出品するときに使う項目となります。

 

③Inventory updates

の箇所について

こちらは実際csv出品してからの価格メンテ、在庫メンテなどに使う項目となります。

 

新規の方がまず出品する流れとしては

②Product matching only

amazon上にある商品を出品していくという項目から

出品していく流れとなります。

 

Inventroy fileでcsvファイルをダウンロードし、

加工して出品していく流れとなります。

 

 

最近また円安傾向となってきています。

一節にはこの春先までにでも

1ドル125円ほどいくとのニュースもあったりもします。

 

売上などで余裕ができている方は

ドル、ユーロ、ポンド預金などもおすすめできます。

 

ちなみに、ぼくは必要以外の外貨はすべて

円にせずに外貨預金を行っています☆彡

 

これも今後の預金術としてもおすすめできるかと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の投稿