ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

UKamazon輸出への出品するうえでの注意点と発送在庫管理ツールのご紹介について


3月も下旬を迎えて

ebay輸出、amazon輸出と着々と

成果を伸ばされている方のご連絡をいただいています☆彡

 

 

ebay輸出は輸出の鉄板と言ってよいほど

着実稼げるので

まずはebay輸出でしっかり稼ぐということを

身につけましょう。

副業レベルであれば

ebay輸出がこれからの時代ほぼ確実に

継続的に稼げる媒体かなとも思います。

 

 

 

 

もちろんamazon輸出も

同様ですが、こちらも

何度かブログでもご紹介していますが、

少しシステムちっくな部分がありますので

・輸出とは何か?

・新規の方などは

まずはebay輸出で着実に稼げる環境を

作ってからamazon輸出に取り組むとかなり

スムーズに成果も出せるかと思います。

 

 

さて、

3月にはかなりの多くの方で

ebay輸出で結果を出したかたはamazon輸出に進んでいる方

ebay輸出、amazon輸出で成果を出された方は

FBA販売、独自ショップなどと進まれてきています。

 

 

 

 

月商でいえば100万以上の方はかなりいらっしゃいますので

本日のメルマガなどでかるくご紹介しようと思いますが、

 

ebay輸出、amazon輸出、独自ショップなどの輸出は

月商100万くらいであればある程度の段階でクリアでき、

売り上げも伸ばすことはそこまで難しくないのですが、

 

売り上げがかなり出てからが外注化、発送管理など

少し面倒なことが増えてきます。

(*おそらくここはある程度稼がれている方であれば

少し贅沢な悩みでもあるかもしれません)

 

 

 

ぼくのコンサルでは1年以上前から

ebay輸出、amazon輸出で成果を出された方には

独自ショップのコンサルなどを行っているのですが、

そこの方はほぼ月商200万以上の方ばかりなので

ぼくも使っている発送在庫管理ツールのほうを使っていただいていました。

 

 

 

そして、今年に入り

ebay輸出、amazon輸出などのコンサル生だけでも

月商100万以上の方はかなりいらっしゃるので

その発送在庫管理ツールをまずは該当している

コンサル生からご紹介していく予定です。

 

 

 

 

このツールを使うと

発送や在庫管理、そして利益率、SAL便の印刷から

国際eパケット/EMSの管理まで

すべてできてしまいます。

また、外注化などにも任せやすいように

外注化の方には機能制限などもできる機能もあります。

 

 

 

 

こちらは徐々にご紹介していきますので

こちらも楽しみにしていただければと思います。

(*詳しくはぼくのYoutubeアカウントにもアップしていきますので

ご興味ある方はご覧になってください

こちら )

 

 

さて、本日は

コンサル生でもUSamazonを攻略し、

UKamazonなどにも進まれている方がかなり

いらっしゃいますので

UKamazonでの注意点などをご紹介いたします。

 

 

 

ちなみにUkamazonのメリットはなんといっても

ポンドが世界で一番円安の国です。

1ポンド=180円です。

 

スクリーンショット 2015-03-21 17.38.17

 

上記は過去5年での推移ですが、

とてつもないくらい円安になっています。

 

Ukamazonは通貨の為替でもかなり利益がでるのですが、

注意点がいくつかあります。

 

その注意点について今回のご説明となります。

 

amazon-uk-plain

 

 

まずは商品について、

欧州などは正規代理店と呼ばれる店舗を保護するために

並行輸入商品(家電製品など)の輸出に厳しい国でもあります。

 

 

該当する商品についてはブログではご説明できませんが、

もし並行輸入品を出品している場合に通報があったら

amazonから警告がくるのでその場合は場合はすぐに消去しましょう。

ちなみに警告を無視しているとサスペンドになるリスクもあります。

 

 

つづいて、UKamazonのメリットは

他のヨーロッパ圏への出品が一括でできるメリットがあります。

 

ただし、

スペイン、イタリアのamazonはアメリカの銀行口座では入金されません。

つまり、payoneer、米国法人の銀行口座では入金ができない状況です。

 

なので上記の国以外への出品は余裕ができればおすすめです。

(UKの次はフランスなどがおすすめです)

 

 

 

続いて、

VATというのがあります。

このVATとは関税という意味で

ヨーロッパでは

商品を輸出する場合は商品の受け取り時にVATの支払いが発生する場合があります。

(約20パーセント)

 

 

 

・ebayでは規約としては上記はバイヤーが支払う義務

となっているので気にする必要はありません。

 

・ただし、amazonではセラーが規約として支払う義務となっています。

 

(こちらもebay輸出からおすすめしている理由でもあります)

 

 

 

ちなみに、

amazonの場合にVAT支払いが発生したとお客さんに言われた場合は

証明書を送っていただいて、返金する義務があります。

 

 

 

 

FBA販売だと上記の必要はありません。

 

 

また、UKamazonでFBA販売するには

イギリスの住所が必要になってきます。

 

ぼくはちなみにイギリスの住所をレンタルして

FBA販売も行っています。

 

 

UKamazonの場合は最初のアカウント登録の際にも

FBA販売を最初からするという設定で作成すると

上記のイギリスの住所登録が求められるので

こちらは最初はFBA販売しないから作成し、

無在庫販売で実行してから

FBA販売されることをおすすめいたします。

 

 

整理しますと、

Ukamazonは通貨などのかなりのメリットがある代わりに

デメリットの部分もあります。

 

ただし、

こちらのデメリットの箇所も把握した上で

しっかり実行していくとUKamazonもかなり稼げるので

おすすめです☆彡

 

 

【追伸】

images (3)

ebay輸出はこの4月からまた

バージョンがリニューアルするようでして

とくにebay輸出の特徴である

オークション出品などがセラーにとって

よい環境になるようです。

 

ebay輸出はamazon輸出に比べると

自由度も高くいろんな商品を出品できるので

いまだにぼくはebay輸出はかなり好きな理由でもあります。

 

 

ebay輸出は日本でいらないものが世界では

高価な価値になったりと

実験にも役立つサイトですし、

定期的に確実に稼げる媒体でもあるので

この4月からは

前回からもご紹介しているように

日本商品が一気に新商品が販売される時期でもありますので

かなり楽しい時期かと思います。

 

 

ebay輸出、amazon輸出と成果を上げていけば

冒頭でご説明した

発送管理ツールも使っていくと

毎日がかなりスムーズで便利で

楽しく海外の人に商品を販売できる

サイクルができてくると思います(^o^)

 

 

ぼくも輸出をやっていて一番楽しいのは

商品を販売したあとに海外からの人からの

くる反応やお手紙がくるのが一番うれしいので

こういった発送管理などもスムーズにできると

海外の方もより喜ばれるのではないかと思っています。

 

 

logo_shipsend

 

 

この発送在庫管理ツールは

amazon輸出以上のコンサル生

次にebay輸出のコンサル生

メルマガなどでご紹介という形式で徐々に

公開していければと思っています。

ツールのほうは輸出だけではなく

国内販売などでも使えるぐらいの

ぼくが利用者としても一番使ってみて

便利だと思う機能をすべて取り揃えている

ツールなのでこちらも楽しみにしていてください☆彡

 

 

 

関連記事

最近の投稿