ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

USamazon輸出出品商品をカナダamazonに同時出品方法とWorldfirstについて


ゴールデンウィークも終わり、

過ごしやすい気候になってきましたね☆彡

 

 

輸出のほうは

休み期間関係なく、

ずっとebayやamazon、独自ショップが

販売してくれるので休みのときも

1日の終わりぐらいに

売り上げの管理をささっとして

管理できるのは嬉しいですね。

 

 

 

さて、

ebay、amazonなど

休日中にも

ebayで1日10個単位で売れるようになってきました!

ebayのこの1週間で過去最高記録更新できました!

米amazonで調子が上がってきたのでカナダamazonもやってみます

などいろんなご連絡いただいていて、

 

 

 

やはり最近3月ぐらいからコンサル生に

ご案内している

在庫発送管理shipsendをご案内して

多くの方が外注化をスムーズにできたり、

ebay、amazonの多面化

独自ショップなどなど

売り上げも上がってるのに、時間も余ってきた

という共通のご連絡がすごく嬉しいです。

 

 

 

 

ぼくも輸出を開始して結構長いのですが、

始めた当初ebayでまず実績がすごくでてきて、

その後amazonも開始して、

両方毎日商品が売れて、利益がでてくると

すごくうれしいのですが、

商品が売れてくると

次に贅沢な悩みなのが

発送を外注化、発送管理、在庫管理、売り上げ管理

などが少し面倒になってくると思います。

 

 

 

ぼくも実際そういった悩みがあって

上記の悩みを全部簡単に便利にできればと思って

このツールを開発してもらって利用すると、

ぼく自身も利用していて、非常に便利で

これがあったらどれだけ商品を販売しても

ミスも少なく、一目で売り上げの管理、発送管理、外注化

とできるので輸出するうえで格段に効率が上がってくると思います。

 

 

 

本日はアメリカamazonで最近コンサル生でも

ご質問があるカナダamazonについてと海外通貨受け取りのWorldfirst

について解説しようと思います。

 

 

いままでは

米amazon、カナダamazonと販売するには

セラーアカウントが分離されていたのですが、

最近になって

米amazonの出品している商品をカナダamazonにも同時出品できる

という使用に変更されました。

 

 

 

UKamazonを実践されているコンサル生であれば

UKamazon→ヨーロッパamazonに同時出品とほぼ同じような概念です。

 

 

そこで本日は

USamazonの出品商品をカナダamazonにどうやって移行するかの手順を解説いたします。

 

 

 

USamazonのInventoryにカーソルを合わせて、

Sell Globallyをクリックします。

その後、List internationallyをクリックします。

 

スクリーンショット 2015-05-07 13.28.41

 

上記のように

amazon.comの商品を移行するをクリック。

 

スクリーンショット 2015-05-07 13.28.51

 

マーケットプレイスの選択を

Amazon.caを選択。

またカナダamazonで注意してほしいのは

ヨーロッパamazonでも同様ですが、taxの問題と

カナダamazonは発送に少し厳しい国なので

米amazonの商品を一気に移行して販売するはやめておいたほうがよいです。

米amazonの売れ筋商品

コンサル生であればUSamazonなどで指導している概念で

一旦カナダamazonをさっと見ていただいてから確認すればより確実だと思います。

 

価格管理に関しては来週あたりに

ご利用してもらっているamazonツールもバージョンアップしますが、

現在ご利用していただいているツールで価格メンテをあとから

していただければ確実です。

 

 

 

スクリーンショット 2015-05-07 13.28.57

 

上記で同意するをクリック後

完了されます。

 

続いて、USamazonなどで売り上げの受け取りは

payoneerという便利なサービスが有名で

このブログもpayoneer様から公認いただいて

payoneerなどのご質問などは担当者の方が

丁寧にお答えいただけるサービスでもあるのですが

最近ではWorldfirstという

こちらもamazon輸出の売り上げ管理に使えるサービスなども誕生しています。

 

登録料などは無料なので

いまからamazon輸出を実践する方は

Worldfirstをご登録されてもよいかなと思います。

 

ちなみにぼくは初期から

amazon輸出を実践していたので

海外法人口座での受け取りがメインで

アカウントによって一部payoneerにしていますが、

今回のWorldfirstも登録してみて試してみようと思っています☆彡

 

 

スクリーンショット 2015-05-07 19.00.31

サイトはこちら

となります。

 

 

【追伸】

在庫発送管理shipsendでご利用されている方で少しご質問があった事項を

共有いたします。

 

このツールはどの国に輸出するのにも

全部通貨などのレート/手数料/在庫管理を一括で連動できるシステムです。

 

 

ebay/amazonなどの手数料設定ですが、

売り上げ管理のレートは

とくにebayであればジャンルによってレートが異なるので

0%設定

amazonも同様に0%設定にしておいて、

ebayであれば月末の手数料を一括で引き算すれば一番正確な利益も算出できます。

amazonであれば商品が売れたときにくるメールで%で手数料などがあるので

それらの数値を売り上げ登録で入力すれば、

手数料が抜かれた利益が一覧として確認できます。

 

 

また、ドル/ポンド/ユーロ/カナダドルなどなど

それぞれの通貨もレート設定で登録すれば一括で計算がされていきます。

 

 

 

売り上げ管理の名前に関しては

USebay「アカウント名」     通貨設定 1ドル119円

USamazon                          通貨設定1ドル119円

UKamazon                          通貨設定1ポンド 181円

CAamazon                         通貨設定1カナダドル =99円

ヨーロッパamazon                         通貨設定1ユーロ =135円

UKebay「アカウント名」                         通貨設定1ポンド 181円

AUebay「アカウント名」                        通貨設定1豪ドル =95円

独自ショップ(ショップ名)                         通貨設定1ドル119円

などなどに

していただければ問題ないです。

 

 

 

ただし、アカウント名に関しては「@/_」などの特殊名は避けるようにしてください。

詳しい使用についてはお送りしている

こちらもご確認ください。

 

 

 

来月にはこのツールも

翻訳整理機能が実装され、

英語のみならず、フランス語など

google翻訳した整理/gengo発注の整理機能

をまとめる機能が実装されるので

ebayやamazonで過去に連絡したやりとりが簡単に検索できるので

より快適になると思います。

 

 

 

今後輸出はもっと今まで以上に世界の国の人から

どんどん購入する人が増えるのは確実なので

より多くの海外の方に日本商品を販売してあげましょう☆彡

 

 

 

関連記事

最近の投稿