ebay輸出 amazon輸出 個人輸出ブログ

amazon輸出のフィードバック自動化ツール feedbackfiveについて


今月に入って、

先日からのコンサル生からのご連絡でも

 

・「ebay輸出で今月ですでに20万円利益突破しました!」

・「amazon輸出に進まれている方でも毎日商品が売れて、

amazon輸出でもどういったものを販売すれば売れるかも

おかげさまで身につけることができました。」

・「amazon輸出で今月で月商150万突破できました!」

 

などなどたくさんのご連絡ありがとうございます。

 

 

 

 

ebay輸出、amazon輸出も一度稼ぎ方が身につくと

毎日が楽しいですね。

 

 

また、在庫発送管理shipsendを使って外注をどんどんされている

方からのご連絡もいろいろいただいているのですが、

その中でご質問がありました内容を一部最後の追伸でご紹介いたします。

 

 

 

さて、

amazon輸出でかなりの方が売り上げをあげてきている方がいらっしゃるので

amazon輸出で売り上げをあげていく上で必要な作業の

フィードバックの自動化のツールをご紹介いたします。

 

 

amazon輸出で月商30万ぐらいを超えてからもしくは

資金に余裕がある方などはこのツールを使うことをおすすめします。

 

 

feedbackfive

というツールとなります。

 

こちらはプランによって、内容が異なるのですが、

一番安いプランで月額9.99ドルからできるツールです。

 

内容としますと、

amazon輸出で商品が売れた際に

商品を購入してくれた人に

ご自身が用意したメール文もしくは定型メールで

フィードバックのお願いのメールを自動配信してくれるものとなります。

 

 

無在庫販売のみを実行されている方であれば、

Basic

 

FBA販売も並行されている方は

Standardからの開始をおすすめします。

 

 

 

ぼくもはじめはBasicから開始し、

いまはフィードバックの数の依頼の数からコストとして安い

Ultraを利用しています。

 

 

無料トライアルもあるので一度どんなものかを登録してみるのもよいです。

 

 

それでは、

登録方法です。

 

まずはこちらをクリック

 

スクリーンショット 2015-05-11 04.15.39

 

 

FREE TRIALをクリック

スクリーンショット 2015-05-11 04.16.35

情報を入力し、次へ

スクリーンショット 2015-05-11 04.16.50

 

amazonの内容などを入力し、次へ

スクリーンショット 2015-05-11 04.19.08

 

住所の登録をし、次へ

スクリーンショット 2015-05-11 04.22.39

ここでは、amazonのシステムと連携するための作業となります。

スクリーンショット 2015-05-11 04.22.49

 

スクリーンショット 2015-05-11 04.22.57

上記の情報をSTEP3に入力し、確認できれば連携が完了します。

スクリーンショット 2015-05-11 16.38.01

 

画面構成もわかりやすく、

メール送信も楽です。

 

こちらの具体的な使い方に関しては

またご紹介できればと思います。

 

amazon輸出でより売り上げをあげていくには

自動化して効率化を図っていくには

このツールはほぼ必須となってきますので

ぜひ試してみてください。

 

 

【追伸】

発送在庫管理ShipSendのご質問を共有します。

 

「外注にいま頼んでるのですが、利益計算としてどのように反映したらよいですか?」

という共通のご質問がありましたので回答しますと、

 

shipsendのほうは

マスターアカウント/外注アカウントによって機能が違うのですが、

 

マスターアカウントのほうでは

在庫数/ebay、amazon、独自ショップなどなど

すべてに連動できるシステムとなっています。

 

手数料の計算はまず、

ebayもamazonは下記の設定にしてただくことをおすすめします

 

ebayのほうはpaypalの手数料を設定(売り上げに応じて手数料が変更されます)

各月の売り上げ、利益、梱包費用、発送費用の一覧がcsvやデータで一覧として表示されます。

 

上記のデータを使い、

 

利益=データ最終利益-ebayシステム利用料-外注費用

 

としていただければ一番正確な値が出力可能です。

 

 

 

amazon輸出のほうは

手数料0%設定

 

売り上げ入力の際にamazonの入力データは手数料を除いた算出で入力が可能なので

そのまま入力していくと手数料が抜かれた利益で計算が可能です。

 

つまり、

利益=データ最終利益-amazon月額利用料-外注費用

 

 

独自ショップはpaypal決済なので

paypalの手数料のみとなります。

 

 

上記すべて確定申告でも使えるデータなので非常に便利かと思います。

 

 

 

 

今週中にはamazon輸出のツールもバージョンアップしますので

こちらも楽しみにしていただいければと思います。

 

関連記事

最近の投稿